FC2ブログ
モンステラと愉快な仲間たち
モンステラの魅力にどっぷり浸かっております モンステラで地球温暖化防止!
物好きはどこの世界にもいるもんだ~
 『いっ・・・いつのまに!!!??』

 IMG_2297_convert_20111011233409.jpg
 すっかりご無沙汰のヒメモンステラマザー。。。

 あれ?穴が不規則なのはしってたけど・・・

 不規則すぎやしないかい????

 ってよく見てみたら・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・ぎやぁ~

 ヒッひっ姫様~~~~~~~~

 ムシにたべられちゃいました~~~

 アゲハ蝶とかデカイ蛾の類だとおもいますが

 かなり大きな青虫が、美味しそううに食べてました

 
 IMG_2411_convert_20111011233426.jpg
 ・・・・・・・・・・お見事。

 シュウ酸カルシウムの話をしてたので

 油断してましたが、外で育てる際には

 虫に注意が必要みたいです。

 猫や犬、もちろん幼児、乳児は特に

 注意して下さいね!決してモンステラの【実】

 以外を食べないように!!!! 

 新芽が出てきてるのが救いです
   クリックの応援頂けたら幸いです
===
モンステラ・デリシオーサの種食べてみました!!
  シュウ酸カルシウム(シュウさんカルシウム、Calcium oxalate)は、化学式が CaC2O4 または Ca(COO)2 と表されるカルシウムのシュウ酸塩で、針状の結晶である。無水物と一水和物、二水和物などが存在する。

日本の法令では毒物及び劇物取締法により劇物に指定される。
  わずかな量のシュウ酸カルシウムを摂取しただけでも、口と喉にひどい灼熱感を持って腫れ、窒息をもたらす。量が多い場合は深刻な消化器障害と呼吸困難を引き起こし、量によっては、昏睡や死亡に至る。深刻なシュウ酸中毒からでも回復することはあるが、不可逆的な肝臓と腎臓障害が残る場合がある。パイナップルを食べた時に口内が荒れる原因として知られる。

ディフェンバキアによる症状はさらにひどく、茎が唇、舌、口内粘膜、結膜、皮膚などと接触すると、シュウ酸カルシウムの針状結晶が痛みと浮腫をもたらす。浮腫の原因は第一には生成する結晶であるが、補助的に他の植物毒素(ブラジキニンなど)も関与している。
    (WIKIより引用)blogram投票ボタン




 モンステラの葉や茎にはシュウ酸カルシウムとういう成分が

含まれているためカットするときなどは、切り口に触れないように
 
気を付けてくださいね。肌が弱い方は腫れたり、ただれたりすることも

あるようです

  いやぁ~どうりで種をたべようと情報を集めても

 みつからないわけですね・・・。

 ただ、種の原産地(メキシコとか中南米アメリカ)とかで

 種を食べるという情報ははいってきたわけで、

 なら『食べてみよう!』  

 だって水を含んだ種は、そりゃーもーー 

 枝豆じゃんって見た目してるんですよ☆
 
 下の写真、既にちょっとおいしそうじゃないですか?

IMG_7257_convert_20111001234154.jpgIMG_5410_convert_20111001234048.jpg
  ↑水洗前               ↑水洗後
 
 右の写真なんてもう仙豆(センズ)じゃん!
         ドラコンボール参照 
 これひと粒食べたら10日はお腹減らないじゃん!
         ↑仙豆だったらの話です・・・
  
 ただね。。。種は海外からの輸入品。

 病や菌がこわい。。。       ・・・・・・・・・・・・っ

 加熱調理だ!!!  
 
 食べた感想はこちら↓ 応援はこちら→ ===
>>続きを読む
copyright © 2019 モンステラと愉快な仲間たち all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.